当施設スタッフにおける新型コロナウィルス感染症の発生について

 昨日、COMPASS小倉事務局スタッフ1名の新型コロナウイルス陽性が判明致しました。当該スタッフは、勤務公休日の12月26日に陽性者との濃厚接触があり、直後のPCR検査では陰性とされましたが、経過観察のための自主隔離期間中に再検査を行い陽性判定されたものです。
前述の通り、陽性者との接触以降はCOMPASS小倉への立ち入り・勤務の実績は一切なく、当施設内での接触履歴は調査不要との保健所の見解を得ています。尚、当該スタッフは発熱もなく極めて軽症でありますが、保健所の指示のもとで隔離療養後、当面は在宅勤務を行う予定です。
COMPASS小倉では、共用部でのマスク着用義務化や1日5回以上の館内消毒を実施するなど、感染拡大防止に万全を期し、皆様に安心してご利用頂ける施設運営を図っております。
何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

令和3年1月8日
COMPASS小倉
事務局長 田嶋 啓